《石の散歩道・海外の旅》   (北イタリア ドロミテ地方のドロマイト)

 

 北イタリアのドロミーティ(ドロミテ)地方の名前の由来は、Wikipediaによると「ドロミーティの名は、18世紀フランスの地質学者デオダ・ドゥ・ドロミュー(Dèodat  de  Dolomieu)に由来する。デオダ・ドゥ・ドロミューは、この山々で非常に豊富な鉱物である苦灰石(ドロマイト Dolomite)を発見した人物である(苦灰石を主成分とするマグネシウム質石灰岩もドロマイトと呼ばれる。イタリア語では、モンティ・パッリディ(Monti Pallidi  青白い山々)とも呼ばれる。と記載されております。

 

大昔、海の底にあった証拠がたくさん見られるドロミーティ地方

《北イタリアドロミーティのドロマイト》

 ドロマイト(dolomite)は石灰石が海水中で変容して生成したものです。貝やサンゴなどの生物が海底に堆積して石灰岩になった後、カルシウムの一部が海水中のマグネシウムで置き換わって作られた、もともとは生物であった鉱石です。三方晶系に属する鉱物(CaMg(Co₃)₂)比重約2.9、硬度3.5~4と比較的柔らかい鉱物です。日本名では苦灰石、苦灰岩を指します。苦灰岩はドロストーン(dolostone)とも呼ばれています。鉱石の色は灰色、白色で、石灰石に似ています。ドロマイトは、方解石CaCo3と菱苦土石MgCo3が合わさったものと考えられていたそうです。外見的には石灰石(CaCo₃)と区別は出来ません。

 

 この地域の川や湖の水の色が白色が混ざり青白く見えるのは、この地域の岩石の石灰分が溶けたからですね。

 

ビアンコ湖