≪いろいろなザクロ石≫

 ザクロ(柘榴)石と言っても、知る人は少ないです。でも、「ガーネットですよ」と言って、振り向かない女性は少ないですね。さらに、茶色のサンドペーパー等と言うと、真夏の水まきのように興味がいとも簡単に薄れてしまう面白い石です。北海道で見つかるザクロ石は、基本的にはとても小さな結晶です。

 石の硬さは旧モースコードで7~7.5となります。水晶が旧モースコードでは7ですから、水晶よりやや硬い岩石となります。北海道で見られるザクロ石はガーネットと呼べるような宝石クラスのものは見つかりませんが、岩石に対する興味という意味ではなかなか見つけにくい貴重な岩石の一つだと思います。

 私たちも最初の頃は他の方々が発見した情報をもとに探していましたが、その発見までにはずいぶん時間を要しました。しかし、一度発見し何か所かのザクロ石に触れるにつれ、どのような環境でザクロ石が存在しているのか、または生まれてくるのかが少しずつ理解が進むにつれ、いろいろな場所で発見できるようになってきました。

 




  四国愛媛県 関川の石

四国の石
四国の石
母岩の角閃岩が良く分かるザクロ石
母岩の角閃岩が良く分かるザクロ石
四国の石
四国の石

 

  

  

 

四国愛媛県銅山川のザクロ石

 

 この地の訪問時は霧のような雨模様で、河原の石は程よくぬれていたので、河原一面が見事にザクロ石模様で埋め尽くされていました。

  

 

この付近行った一帯の川は、緑色の石で埋め尽くされており、川の水は青緑に化粧されていた。

 

 

 

層状の石英脈を含む珍しい模様の石でした。雨にぬれる河原では、錦織のような古い反物みたいに、目立っていた。

エクロジャイト

 

   

  

 



  北海道鷹泊のザクロ石(角閃岩ザクロ石)

 北海道のザクロ石は、全般的に小さく、しかも一部地域に限定されるので、自力だけでの採取はかなり困難で見つけにくい。

 私たちは、基本的には自力で探すのが基本ですが、このザクロ石も地質図を調べ、この辺であればあるのではないかとさがしたものです。

 四国の河川の中には上流から下流域まで、ザクロ石がびっしりと見受けられる河川もありました。

 下の3枚の写真は、カメラの違いと照明の違いによる、見え方の違いです。2枚目の写真では小さな黄銅鉱が見えます。

 




 北海道三石のザクロ石(角閃岩ザクロ石)



 19.5×10.9×5㎝




5.7×3×0.9㎝

 

 

 

日高 つぶれたウバロバイト(灰クロムザクロ石)

 

                      7×3.5×2.8㎝

 

 


日高 ウバロバイト

 

 


日高 ロジン岩中のザクロ石

                      16.9×10.6×6.3㎝

 

 


夕張白金川 蛇紋岩中の灰クロムザクロ石


                        16.7×9×6.8㎝

 クロムスピネル

 

 

 

 

置戸 流紋岩中のザクロ石

                        5.5×4×3㎝

 

 


                       7.0×4.0×3.5㎝

 

 



置戸 凝灰岩中のザクロ石

                       4.0×2.5×3.0㎝

 

 

 

 

三石ウツマ川上流  角閃岩ザクロ石

瀬棚町 鵜泊砂岩中のザクロ石   

 

 長い長い風雪や潮にもまれ、母岩の砂岩が削れていき、ザクロ石が飛び出し始めている。

 ザクロ石の結晶の角もわずかに残るものもあるが、そのほとんどは丸く削られていた。

 ザクロ石が入った母岩はとても大きく、携帯の写真やデジカメでの撮影でも十分にキレイにザクロ石をとらえる事が出来た。

 この地域のザクロ石の標本写真は見かけた事がないので、今回の私どもの写真が初めての紹介になるのかもしれない。